<新車の場合は装備をかなり重視して選んでもいいのです。新車に使われている装備は最新のものですし、機能も素晴らしいものぞろいですからね。しかし、中古車の場合は必ずしもそうとは言えません。たとえば、10年前の中古車についている純正品の装備は、当然10年前のものです。10年前の純正品カーナビは今のものほど性能が優れておらず、走っている場所とまったく違う場所が表示されたり、ひどい時はなぜか海の上を走っていると表示されたりすることもありました。そんな低レベルなカーナビしかついていない中古車でも、当然カーナビが付いていない中古車と比べれば割高になります。場合によっては5万円程度高くなることもあるようです。こんなものにお金を使うくらいだったら、最初からカーナビが付いていない自動車を買って、その差額の5万円で新しいカーナビを購入したほうがよっぽど経済的で効率的だと思います。特に最近はカーナビが数カ月単位で新しくなっているため、旧型モデルの価値はどんどん下がっています。そんな価値の低いカーナビのために5万も払うのはばかばかしいと思いませんか?これは何もカーナビに限った話ではありません。たとえばカーエアコン。カーエアコンはカーナビほどわかりやすい形で進化していないため気が付きにくいですが、実は知らないうちにどんどん進化しています。昨今のカーエアコンは環境負荷も少なく、運転効率もいいモノばかりです。しかし、昔の自動車についているカーエアコンはそれと比べるとはるかに劣るものです。そんなもののためにお金を出すくらいなら、後付でエアコンをつけたほうがいいでしょう。その他の自動車装備品もどんどん進化しています。純正品の装備品がたくさんついている自動車は、それだけ価格も高くなります。それよりも最新の装備品を別途購入したほうが安くなるケースはごまんとあります。本当に純正品にこだわることが良いことなのか、もう一度考えてみましょう。>

 

今日はトヨタのアルテッツァ見て来た!フジカーズの店員さんの下取り価格の査定がちょっとひどいのでビックリしました。でも買取り店の感じってこんな感じなのよね。わたっていたつもりdも実際に目の当たりにするとビックらこくね。川村さんいつもありがとうございます。また遊びに行きます!あざーす!(9社査定)つい先日、トヨタのディーラーより我が家のエスティマを売って、新車を買ってはどうかと打診が。その前に複数のディーラーで査定を受けて買取り大体40万円だと判明。